不動産売却時に「負動産」にならないための方法を解説!

2021-12-07

不動産売却時に「負動産」にならないための方法を解説!

不動産売却を考えたとき、その不動産に価値がなく「負動産」になっていることがあります。
売却するのが難しい「負動産」にしないためには、どうしたら良いのでしょうか?
ここでは、不動産売却時に負動産でなく富動産にするためにはどうしたら良いのかを解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における負動産とは?

持てば持つほど損をする不動産のことを「負動産」と言います。
負動産とは、所有しているだけで管理費や維持費、固定資産税などのお金がかかるが、不動産自体の価値が低く、売却時に損にしかならない不動産のことを指します。
不動産が空き家として認定された場合には、固定資産税の減免が適用されず、高い税金を支払うことになるので要注意です。
負動産が残っている場合、親から子へ相続しても利用する道がなく、ただ費用を支払うだけになるので、早めの対処が必要です。
負動産を富動産にするためには、相続する前に親と子で話し合いをしたり、価値が下がって負動産になる前に売却したりする必要があるでしょう。

こちらの記事も読まれています|東大阪市高井田本通エリアの不動産を相続!売却の流れや遺産分割協議とは?

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に負動産にしないための解決方法

交通網や買い物施設が都市部ほど整っていない地方に所有している不動産は空き家のまま放置され、負動産となることが多いです。
しかし、最近は、都会の喧騒から離れて移住生活を楽しむ方も多いので、そういった方に向けて貸し出したり、売却したりすることができるでしょう。
都会に住みながら、週末や長期休暇を利用して田舎で過ごすという人や、田舎で農作業をしながら暮らしたいという人もいるので、田舎の不動産でも売却することは可能です。
また、戸建てを売りに出しているがなかなか売れないという場合は、居住用として売ることにこだわるのではなく、介護業者に売却し少人数用の介護施設として活用することも負動産にしないための一つの手段です。
さらに、地域の公民館や図書館として利用してもらえることもあります。
そのような公的活用は、自治体の判断なので、自治体の窓口で相談してみると良いでしょう。
移住を検討している人に向けたお試し移住用の住宅として活用してくれる自治体もあるので、有効活用できる方法を探しましょう。
どうしても活用方法がない場合には、不動産会社による買取も検討しましょう。
今後居住する予定もなく、賃貸や公的活用をする予定もない場合には、売却価格は相場より低くなってしまいますが、複雑な手続きなしにスピーディーに売却できる買取がおすすめです。
富動産であるうちに売却をしましょう。

こちらの記事も読まれています|東大阪市高井田本通エリアの不動産を相続!売却の流れや遺産分割協議とは?

まとめ

負動産にならないために、所有している必要のない不動産は売却しましょう。
高井田本通を中心に、東大阪市で不動産売却をサポートする「株式会社モット不動産販売」では、ホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けております。
不動産売却でお困りなことがありましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-4307-5057

営業時間
09:00~20:00
定休日
水曜日 、年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ